トップページ

    このサイトではシビックの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「シビックの買取相場を検索して高く買い取りをしてくれる買取店に売却したい」と感じている場合は以下で紹介しているおすすめの車買取店を利用してみてください。

    ホンダのシビックを高く査定してもらうために必要なことは「複数の車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社の車買取店だけとかなじみのホンダディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら2分位で入力できるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比較することが可能なので、シビック(CIVIC)の買取金額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる車一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい有名なので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と断トツの多さ!最大50社へシビックの買取査定の依頼をすることができます。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    しかも、地方対応で利用料は無料です。

    「少しでも高くシビックを売りたいから買取相場をチェックしたいけど、電話で営業されるのは…」と思っているならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っているシビックの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える一括サービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、数年落ちのシビックでも高額買取してくれる買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から見積もりの営業電話があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社からのみ!電話対応に追われることもありませんし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    シビックの実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで最大2000社の買取業者が入札して買取価格を提示するという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サービスです。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が今乗っているシビックの買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した提携業者だけが登録していますので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのシビックでも高く売ることができます。

    最大10業者がホンダのシビックを査定してくれるので、最高額を提示してくれた会社にあなたが大切に乗ってきたシビックを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の査定相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大10社があなたが愛用したシビックを査定します。

    できるだけ多くの会社に査定依頼をすることで買取金額の違いや相性を比較することができるので、複数業者に査定のお願いをして長年大切に乗ってきたシビックを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートもありますので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるようにあの楽天が運営している車買取一括査定サービス。
    ホンダ・シビックの買取査定の依頼だけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントが付与されるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用してきたシビックを高く売却して、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいところ。
    提携企業は約100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大で10社の会社がホンダ・シビックの査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定で売却した場合の価格差がいくつか提示されていますので、一度チェックしてみてください。







    あちこちの中古車買取店を回ることなく、一度に何店もの見積もりの額を比較したり検討したり出来るのが、中古車の一括査定サイトです。

    忙しい人にはうってつけのサービスです。

    しかしながら、いっぺんに沢山の買取業者に見積もりを依頼している以上、致し方ない面もあるのですが、多くの業者から次々電話連絡が来ることになるでしょう。

    そのうち電話に出ることが嫌になってしまったり、単なる査定だけでは済まされない雰囲気で売却を迫る会社がある欠点があることを覚悟しておくと良いかもしれません。

    売却予定の車を査定に出したときに、査定額が付かないと言われることがあります。

    売却予定の車が走行距離10万km以上だと過走行と呼ばれる状態で査定が0円だったり、大きな事故を起こして修理したことがある車などは査定額が出ないことがあるのです。

    たくさんの会社で査定してもらったとしても同様に査定額がつかないケースでも、廃車専門店へ引き取りを依頼する事もできますから、その車を売ることを止めてしまう必要はないのです。

    中古車の買取業者が見積もりの際にチェックする項目と言えば、大別すると車種や車体の色などの基本性能、走行距離数がどのくらいであるかや、外装にキズがあるかどうか、車の内部の臭いや汚れの有無、事故や故障の履歴の有無のチェック等があります。

    このような事項にあてはまる場合はマイナス査定になり、加点されるケースとしては、発売されたばかりのカーナビやオーディオが搭載されている場合などがあります。

    以上の結果と今現在の査定相場を総合的に判断して、最終的な査定金額が表示されるのです。

    査定に訪れた業者から高額査定を得るためにはそれなりの努力が必要です。

    それは意思表示です。

    つまり、金額の折り合いがつけばすぐにでも契約する雰囲気を醸し出して、相手に「ここが勝負のしどころ」と思わせることです。

    業者も商品の引取日がわかれば中古車として販売する前の下準備の段取りがだいたい描けるので、提示価格への上乗せを求めても円満にまとまる率が高いのです。

    雨天や曇天、夕方など暗いときに査定してもらうと、晴天時に比べて車のボディの傷や汚れが見づらいので、高めの査定がつきやすいという噂があります。

    しかしながら、買取業者もそれは承知なので、いつにもましてしっかり見ようと努力もするでしょう。

    自分で洗車する人ならおわかりでしょうが、洗車して磨き上げた車は天気の良い日にはその美しさが際立ちます。

    お天気次第でどちらが良いということは言えませんので査定日の天気で一喜一憂するのは現在では意味のないことのようです。

    普通の自家用車を処分する場合、選べる方法はカーディーラーに下取りに出す方法と、中古車屋への売却でしょう。

    売却の方を選ぶのであれば複数店舗に見積りを出させて競争を促し、結果的に高値で売却することも可能です。

    一方、ディーラー下取りでは一社のみの独占ですので競争による高値買取りのようなものは期待できません。

    そのかわり一箇所ですべての手続きが終わるという利点もあります。

    状況に応じて選ぶと良いでしょう。

    近頃市場に出回っている自動車は標準装備でのカーナビゲーションシステムが多くなりました。

    カーナビがはじめから付いていることが多くなったために、カーナビがあってもあまり査定額が高くなることはなくなりました。

    一般的なものではなくて、後付けで高価なカーナビシステムを取り付けたような場合に限って評価してくれる可能性が高くなります。

    高額なカーナビシステムを取り外すのが簡単ならば、買取店に持ち込む前に取り外ししてしまってオークションなどで個人で売っても良いかも知れませんね。

    所有者が自分名義でない車でも手間はかかりますが売れないことはありません。

    売買契約時に通常の書類一式に追加する形で、所有者の印鑑証明書、所有者による委任状(実印押印)、それから譲渡証明書も必ず必要ですが、押印漏れのないように気をつけてください。

    案外多い例ですが、相続のように故人名義となっているときは、印鑑登録も無効になりますから単純にはいきません。

    ですから、運輸支局で移転登録を済ませ、車が新たな所有者のものとなった時点で売却が可能になります。

    一般的な売却と違い、亡くなられた方名義の車というのは必要書類も多く、かなり手間がかかると考えて間違いありません。

    場合によるのですが、車を売却したお金に税金がかかってくる場合があるのです。

    売却した車の所有者が個人で、通勤専用車であれば所得税はかかりません。

    通勤以外でレジャーなどに行くときにも乗っていたのならば、今度は所得税を払わなければならない可能性が出てくるのです。

    その詳細は、売却金額が購入金額よりも50万円以上高くなったときに所得税を支払わなければいけません。

    個人事業主として業務で使っている車は売却時のルールが別にありますから、良く分からないところがあったら確定申告をする際に税務署のスタッフに聞いてみてください。