トップページ

    このサイトではシビックの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「シビックの買取相場を検索して高く買い取りをしてくれる買取店に売却したい」と感じている場合は以下で紹介しているおすすめの車買取店を利用してみてください。

    ホンダのシビックを高く査定してもらうために必要なことは「複数の車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社の車買取店だけとかなじみのホンダディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら2分位で入力できるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比較することが可能なので、シビック(CIVIC)の買取金額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる車一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい有名なので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と断トツの多さ!最大50社へシビックの買取査定の依頼をすることができます。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    しかも、地方対応で利用料は無料です。

    「少しでも高くシビックを売りたいから買取相場をチェックしたいけど、電話で営業されるのは…」と思っているならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っているシビックの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える一括サービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、数年落ちのシビックでも高額買取してくれる買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から見積もりの営業電話があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社からのみ!電話対応に追われることもありませんし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    シビックの実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで最大2000社の買取業者が入札して買取価格を提示するという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サービスです。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が今乗っているシビックの買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した提携業者だけが登録していますので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのシビックでも高く売ることができます。

    最大10業者がホンダのシビックを査定してくれるので、最高額を提示してくれた会社にあなたが大切に乗ってきたシビックを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の査定相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大10社があなたが愛用したシビックを査定します。

    できるだけ多くの会社に査定依頼をすることで買取金額の違いや相性を比較することができるので、複数業者に査定のお願いをして長年大切に乗ってきたシビックを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートもありますので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるようにあの楽天が運営している車買取一括査定サービス。
    ホンダ・シビックの買取査定の依頼だけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントが付与されるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用してきたシビックを高く売却して、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいところ。
    提携企業は約100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大で10社の会社がホンダ・シビックの査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定で売却した場合の価格差がいくつか提示されていますので、一度チェックしてみてください。







    プロのスキルを持った中古車査定士には簡単な嘘はあっと言う間にバレてしまいますよ。

    良くあるケースでは、事故歴や修理歴のある車なのに、それを理由に査定額を下げられたくないばかりにそんなことはないと言ったとしても嘘は調べれば分かるものです。

    それに、いい加減なことを言ったことでスタッフに「この人は信用出来ない」と思われて当然でしょう。

    その結果として、通常よりも低めの査定額を付けられてしまう可能性も考慮されますから、査定する車の状態については隠し立てしないようにした方が良いですね。

    車の査定金額が下がる主となる要因には何点かあるのですが、大幅に査定額を低下させる原因のもっともたるものは、売ろうとしている中古車が過去に修理をしたことがある場合です。

    場合により見積金額が0にまで低い金額になってしまうケースもあるので注意が必要です。

    そうは言っても、事故などで修理してしまうと絶対的に修理歴車と呼称されるわけではなくて、その車の骨格部分にまでダメージが広がっていて、その大きな傷を修理して直したのが修理歴車です。

    中古車買取専門店が査定時に確認することは、大きく分類して車種やボディカラーなどの基本となる事項や、ナンバープレートを含む外装の傷の状態確認や走行距離数の確認、車体内部の汚れや臭いがあるかどうか、事故や故障の履歴の有無のチェック等があります。

    これらのチェック項目に引っ掛かるものがあったら減額していって、査定アップの要因になる新型のカーナビやオーディオなどが付属していたらプラス査定となります。

    これらの結果とオークションの相場などを判断して、最終的な査定金額が表示されるのです。

    国民の消費に関連する相談窓口である国民生活センターでは、中古車関係のさまざまな相談電話がかかってきます。

    そして個人から業者への売却に関する事例は増加中で、一向に減る気配が見られません。

    相談例の一部としては、ウェブの一括査定サービスに登録したところ、断っても執拗に営業電話が来て困っている、契約するまで帰らないと言われ、押しきられる形で不本意な契約をしたといったものです。

    一人ではつけこまれやすいので、変だと思った時点で、消費問題に詳しいプロなどに話してみるのが大事です。

    諦めてはいけません。

    自分に落ち度はなくても追突され、シャーシが歪んでしまった場合は修理も大掛かりになりますが、のちのち車を下取りに出そうにも、事故歴のある車として扱われ、査定額が全然違うというのは珍しいことではありません。

    事故の原因となった相手に賠償を要求できれば良いのですが、交渉次第で可能な場合もあれば、ダメなこともあります。

    また、保険会社としては当事者間で話し合いがついたとしても保険金の支払い対象として認めることはほぼないです。

    どうしてもというのであれば、裁判も辞さない覚悟で弁護士に相談する以外、手はありません。

    業者に車を売却するときの心得として、あとでトラブルにならないためにもこちらが気をつけるべきポイントというのがあります。

    そんなことぐらいと思われるかもしれませんが、契約書によく目を通して内容を把握することです。

    契約書というのはあとになって「よく読んでいなかった」と言っても、本人が署名押印していれば読んで了承したことになり、法的にも有効です。

    営業マンの口約束と契約書の内容に差異はないか、特に金額やそれに関する諸条件はしっかり目を通す必要があります。

    大まかな文章だけでなく細かい補足条件なども目を通してからサインしてください。

    頑張って複数の会社に査定してもらったのにタダみたいな値段しかつかないときは、廃車、事故車などの専門業者を当たってみるのも良いでしょう。

    他店で敬遠されがちな車でもそういった業者であれば、再利用可能な部品があるかどうかを見た上で、買い取ってくれる可能性が高いです。

    面倒だから廃車にしてしまおうと思うかもしれませんが、自分で骨折りをするのに比べたらプロに任せるほうがラクですし、なにより早いです。

    プロに頼む利点は、面倒な廃車手続きの代行だけでなく、手数料や処分費なしに車を引き取ってくれる点でしょう。

    必ずしもそうなるというわけではないのですが、課税対象に車の売却金が含まれるケースがあるのです。

    一個人が持っている車であり、通勤に専用に使っていた車であれば所得税の対象外となります。

    日常やレジャー等の用途で使っていた場合には、今度は所得税を払わなければならない可能性が出てくるのです。

    具体的な数字では、車を売ったお金が買ったお金よりも50万円以上高くなったときに所得税を支払います。

    仕事でも使っている車体を売却するときには、また別途違う決まりがあるので、不明な点は確定申告の際に申告署の作成時にきちんと税理士に確認しましょう。

    自動車ローンの支払いがまだ残っている状況でも売ろうと思えば車を売れないこともありません。

    売るとすれば、車を売ろうとしている人が車検証の所有者本人であるという条件がクリアできるならの話です。

    もしローン会社の社名が車検証に記載されている時は、ローンを返し終わるまではローン会社所有の車ということになりますから、完済して自分名義にしてからでないと売却はできません。

    もし返済中の車を売るのなら、ローン会社から特別に許可を得れば、車の売却益を返済に充当するという条件つきで売ることができます。