トップページ

    このサイトではシビックの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「シビックの買取相場を検索して高く買い取りをしてくれる買取店に売却したい」と感じている場合は以下で紹介しているおすすめの車買取店を利用してみてください。

    ホンダのシビックを高く査定してもらうために必要なことは「複数の車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社の車買取店だけとかなじみのホンダディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら2分位で入力できるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比較することが可能なので、シビック(CIVIC)の買取金額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる車一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい有名なので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と断トツの多さ!最大50社へシビックの買取査定の依頼をすることができます。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    しかも、地方対応で利用料は無料です。

    「少しでも高くシビックを売りたいから買取相場をチェックしたいけど、電話で営業されるのは…」と思っているならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っているシビックの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える一括サービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、数年落ちのシビックでも高額買取してくれる買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から見積もりの営業電話があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社からのみ!電話対応に追われることもありませんし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    シビックの実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで最大2000社の買取業者が入札して買取価格を提示するという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サービスです。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が今乗っているシビックの買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した提携業者だけが登録していますので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのシビックでも高く売ることができます。

    最大10業者がホンダのシビックを査定してくれるので、最高額を提示してくれた会社にあなたが大切に乗ってきたシビックを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の査定相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大10社があなたが愛用したシビックを査定します。

    できるだけ多くの会社に査定依頼をすることで買取金額の違いや相性を比較することができるので、複数業者に査定のお願いをして長年大切に乗ってきたシビックを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートもありますので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるようにあの楽天が運営している車買取一括査定サービス。
    ホンダ・シビックの買取査定の依頼だけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントが付与されるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用してきたシビックを高く売却して、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいところ。
    提携企業は約100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大で10社の会社がホンダ・シビックの査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定で売却した場合の価格差がいくつか提示されていますので、一度チェックしてみてください。







    どんな分野の売却においても同様でしょうが、査定額の相場は日ごと上下が激しいです。

    夏期にはオープンカーに乗る人が増えるので、陽気の良い季節が良いなど、ある種類の車は相場の高低差がつきやすい季節や地域性がほぼ決まってしまう事もあり得るということです。

    しかしながら、どのような車の種類にも同様のことが言えるのですが、初年度登録日からの日数が深くない方が高値で売却できることが多くなるのです。

    売り払うことを決めたら一日でも早く行動した方が高額査定してもらえることでしょうね。

    一般的な中古車買取専門店が査定の際に確認する項目は、おおまかに説明するとどんな車種や色であるかの基本スペック、総走行距離数および外装の傷の有無(ナンバープレートも含む)、車の内部の傷や汚れ、臭いがあるかどうか、故障歴や事故歴があったかどうかなどのチェックをするのです。

    以上のような確認項目に該当したらその分マイナスしていって、加点されるケースとしては、発売されたばかりのカーナビやオーディオが搭載されている場合などがあります。

    以上の結果にその時点での査定相場価格を加味して、見積額が提示されるのです。

    大抵の中古車買取業者においては、査定にかかる時間は単純に待っているだけの時間を除外すると約10分から15分程度です。

    それほど時間がかからないのは、その車種毎に今の時点でのオークションなどの相場をもとにして事前にベースになる中古車の査定金額が決められており、ベース金額から走行距離、さらには車の各部位の状態などを確かめてから、中古車の状態による査定のアップダウンをすることで、その車の最終的な価格を算出することができるからなのですね。

    忙しい人には便利なのが24時間アクセスできるウェブの中古車査定一括サービスです。

    わずか数分の手間で何十という買取業者の査定額を入手できるので、高値で売却しやすい点が好評です。

    とはいえ短所もないとは言い切れません。

    たとえばウェブだからと夜中に査定を申し込むと、24時間対応の業者などから深夜に電話がかかってくるなどということもあるそうです。

    仕事時間にかかってきて困るという人もいますし、連絡先の選択は注意するポイントです。

    車は初めて車検証が発行されてからの年数でカウントして「何年落ちの車」などと言って古さを表します。

    その場合、製造年は無関係で、車検証の「初度登録年月」ですから要注意です。

    年式の古い車は査定額が落ちるのが普通で、10年目からは値段がつかない車も出てきます。

    中古車屋にとっては頑張って売っても僅かな利益しか見込めない商品ですが、買う側から見れば状態の良い10年落ちの車と出会うことができれば、相当安く買えるということです。

    一箇所ならぬ複数のところから査定ゼロという返答が来た場合、所有者が選ぶ道は2通りあります。

    残しておいてもしょうがないので廃車にするか、廃車に近い車を専門に扱う業者に売却するかのどちらかでしょう。

    ワケありの車を扱う業者は買取後、その車を中古車として流通させることは少なく、利用できるパーツごとに販売するなどして収益金を得ている点が一般の中古車屋とは違います。

    だからこそ普通の業者で断られるような車も買い取ってくれるというわけです。

    大事に乗ってきた車ですから値段がつけば嬉しいものです。

    また、ほとんどの業者は廃車手続き代行も行っています。

    最近売られている自動車は標準装備でのカーナビゲーションシステムがほとんどと言えるでしょう。

    カーナビが標準装備になったことで、カーナビが付いていても査定額アップがそれ程期待できなくなったのです。

    後付けで高額なカーナビを取り付けているようなケースに限って言えば査定額アップが期待できる可能性が高くなるでしょう。

    すぐに取り外せるタイプのカーナビならば、買取店に持ち込む前に取り外ししてしまって別途オークションに出品した方が得になるケースも出てくるでしょう。

    近年利用する人が多くなったウェブ上の無料中古車一括査定サイトは、所有する車を売ろうとする場合には大変役に立ちます。

    中古車の無料一括査定サイトを活用すると途端に電話攻勢にさらされますが、特に必要としないところへはもうすでに売却済みだと嘘を付くことで勧誘の電話を止めることが出来るでしょう。

    愛車を高く見積もってくれたいくつかの会社に絞り込んで、実際の査定を受けるようにしましょう。

    ちょっとでも高く売りたいからと言っても、相場と比べて異常に高い査定額を示してきたところは結局何か問題があったなどと言って、後から査定額を下げてくるかも知れませんので注意しましょう。

    新車購入時に今まで乗ってきた車の方が不要になるので、ディーラーに下取りしてもらうというのはよく聞く話です。

    購入した店で引き取ってくれて、しかも新車は割引になるので、中古車屋に売る面倒も省けて単純に考えても手間は半減しますし、気楽という点ではこれ以上の方法はありません。

    けれども、金額的に考えるとディーラー下取りと業者買取りなら、業者に買い取ってもらうほうが高い値段がつくのは確かです。

    安い値段で下取りされると後悔が残りますし、高く売るつもりなら中古車買取業者に依頼する方が良いのは言うまでもありません。