トップページ

    このサイトではシビックの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「シビックの買取相場を検索して高く買い取りをしてくれる買取店に売却したい」と感じている場合は以下で紹介しているおすすめの車買取店を利用してみてください。

    ホンダのシビックを高く査定してもらうために必要なことは「複数の車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社の車買取店だけとかなじみのホンダディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら2分位で入力できるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比較することが可能なので、シビック(CIVIC)の買取金額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる車一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい有名なので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と断トツの多さ!最大50社へシビックの買取査定の依頼をすることができます。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    しかも、地方対応で利用料は無料です。

    「少しでも高くシビックを売りたいから買取相場をチェックしたいけど、電話で営業されるのは…」と思っているならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っているシビックの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える一括サービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、数年落ちのシビックでも高額買取してくれる買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から見積もりの営業電話があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社からのみ!電話対応に追われることもありませんし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    シビックの実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで最大2000社の買取業者が入札して買取価格を提示するという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サービスです。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が今乗っているシビックの買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した提携業者だけが登録していますので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのシビックでも高く売ることができます。

    最大10業者がホンダのシビックを査定してくれるので、最高額を提示してくれた会社にあなたが大切に乗ってきたシビックを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の査定相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大10社があなたが愛用したシビックを査定します。

    できるだけ多くの会社に査定依頼をすることで買取金額の違いや相性を比較することができるので、複数業者に査定のお願いをして長年大切に乗ってきたシビックを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートもありますので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるようにあの楽天が運営している車買取一括査定サービス。
    ホンダ・シビックの買取査定の依頼だけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントが付与されるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用してきたシビックを高く売却して、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいところ。
    提携企業は約100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大で10社の会社がホンダ・シビックの査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定で売却した場合の価格差がいくつか提示されていますので、一度チェックしてみてください。







    車の査定は夜や雨の日に申し込んだ方が得策といわれることがあって、ちょっと査定額がアップするという話を聞いたことがある人も居るかもしれません。

    当たり前かもしれませんが夜は暗いですし、雨だと水滴のせいで車のボディーの傷や汚れなどが見にくくなるから有利であると言う訳で夜や雨の日に見積もりした方が良いと言われるのです。

    そんな説があっても、じつのところそれで高値を付けてしまうほど甘めに見てくれる人がいる事は無いといって良いでしょう。

    反対に、自分がミスしたときのことを考えに入れて、普段よりも幾分低い査定をされてしまう可能性だってあるのですよ。

    もちろん大部分は良心的ですが、ごく一部に見られることですが、中には極悪な買取業者もあるのです。

    その手段の一例としては、査定申し込みの段階で、査定した後に直ぐ車を持ちだしてもOKならば価格を上げましょうなどとうまいことを言われて、車の即時明け渡しを半ば強制されて、その車を明け渡した後で料金を支払わずに、業者の連絡先も繋がらないという詐欺があります。

    決められた一定の契約手続きを行おうとせずに急いでその車を持って帰ろうとする会社は詐欺だと疑って掛かって良いでしょう。

    車を買い取ってもらう際に起きる恐れのあるトラブルは何点か考えられますが、それらの中には非常に悪質と言えるケースも存在するのです。

    見積もりを出してもらってその車の引き取りが完了した後になって、再度チェックしたら問題が出てきたと売却金額を下げられてしまう事も実際にたくさん見受けられます。

    もっと酷いケースになると、その車だけを引き取って提示された金額が振り込まれないこともあるのです。

    このような事案に自分が遭遇してしまったら、泣き寝入りせずに直ちに消費者生活センターなどに行ってください。

    複数の買取業者に査定してもらい、高値で売りたいと思っているのでしたら、中古車査定一括サイトを使えば、かなりの時間と労力が省けます。

    スマホ対応サイトも増えているので、昼夜を問わず手軽に査定を依頼できるというメリットがあります。

    必要事項を入力して査定結果が出てきたら、高額の見積りをつけてくれた上位何社かと今後の話をすることにして、あとは断りましょう。

    しつこく営業電話を繰り返しかけてくる業者もないわけではないようですが、あなたがそこに売ると決めたのでない限り、きっぱり断りましょう。

    車を買い取る前に行われる査定では、査定箇所を細かく分け、それぞれに標準値を設けた上でここはマイナス、こちらはプラスといった具合に客観的な値付けが行えるようになっています。

    減点評価が免れないものは、外装のヘコミ、キズ(大きなもの)です。

    しかし査定前に気になって素人作業で補修したりすると、却って減点が大きくなる状況にもなり得ます。

    プロ並みの機材と労力があれば構わないですが、普通は現状で売る方が金銭的にもトクです。

    消費生活センターには例年、何千件もの中古車関連の金銭的なトラブル、取引上の不信感といった相談が相次いでいます。

    この何年かは中古車買取業者についての相談は多く、全体に占める割合も増えています。

    相談例の一部としては、ウェブの一括査定サービスに登録したところ、断っても執拗に営業電話が来て困っている、頼みもしないのに訪問査定に来て、帰ってくれないので契約したが解約したいといったものです。

    おかしいなと思ったら、消費問題に詳しいプロなどに話してみるのが大事です。

    諦めてはいけません。

    派手に改造してある車は車検すら通すことが不可能です。

    しかし、このような改造車でも、買取査定に出すことはできます。

    しかし、何処にでも在る一般的な買取店舗では必ず買い取りしてくれるとは限らずに、マイナス査定になることが多い事を肝に銘じておいた方が良いかも知れませんね。

    売却するのが改造車の場合は、じゅうぶんな知識と理解があり、改造車を売る手立てのある改造車専門業者に持って行くのが良いでしょう。

    程度にもよりますが、一般の買取店では出せないような高い査定額を提示してくれる可能性があります。

    「契約書」に書かれている内容を充分に理解して契約すると言うことは、車関連の話に限定されることなく売買契約をするうえではとても大切なことです。

    署名して印鑑を押した以上、契約書に書いてあることは全部法的に効力を発揮します。

    書かれている車の状態は間違っていないか、金銭面で分かりにくい箇所はないか、充分に丁寧にみていくことが大切です。

    少しでも不安に思ったら自分が納得するまでスタッフに質問することも重要になってきます。

    自動車業界が考える標準的な年間走行距離は1万キロメートルです。

    ただ、1万キロというのは目安としかならず、年式が旧型ならば一般的には年間走行距離は少し短くなるのです。

    車を買取専門店に査定に出すときには走行距離が少ない方がプラス査定になるのです。

    でも、機械というものは定期的に動かしていないと何かしらの不具合が出てきやすいのです。

    車の年式に対して極端に走行距離が少なすぎる場合には、査定時にアップされる金額は少なくなってくるのです。