トップページ

    このサイトではシビックの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「シビックの買取相場を検索して高く買い取りをしてくれる買取店に売却したい」と感じている場合は以下で紹介しているおすすめの車買取店を利用してみてください。

    ホンダのシビックを高く査定してもらうために必要なことは「複数の車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社の車買取店だけとかなじみのホンダディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら2分位で入力できるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比較することが可能なので、シビック(CIVIC)の買取金額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる車一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい有名なので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と断トツの多さ!最大50社へシビックの買取査定の依頼をすることができます。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    しかも、地方対応で利用料は無料です。

    「少しでも高くシビックを売りたいから買取相場をチェックしたいけど、電話で営業されるのは…」と思っているならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っているシビックの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える一括サービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、数年落ちのシビックでも高額買取してくれる買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から見積もりの営業電話があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社からのみ!電話対応に追われることもありませんし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    シビックの実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで最大2000社の買取業者が入札して買取価格を提示するという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サービスです。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が今乗っているシビックの買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した提携業者だけが登録していますので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのシビックでも高く売ることができます。

    最大10業者がホンダのシビックを査定してくれるので、最高額を提示してくれた会社にあなたが大切に乗ってきたシビックを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の査定相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大10社があなたが愛用したシビックを査定します。

    できるだけ多くの会社に査定依頼をすることで買取金額の違いや相性を比較することができるので、複数業者に査定のお願いをして長年大切に乗ってきたシビックを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートもありますので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるようにあの楽天が運営している車買取一括査定サービス。
    ホンダ・シビックの買取査定の依頼だけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントが付与されるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用してきたシビックを高く売却して、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいところ。
    提携企業は約100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大で10社の会社がホンダ・シビックの査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定で売却した場合の価格差がいくつか提示されていますので、一度チェックしてみてください。







    中古車売買の金額をアップさせるために中古車の買取専門店と査定金額の交渉を行う際に需要となってくることは、簡単に自分から希望の金額を口にしないことです。

    前もって査定相場の金額を確認しているのならまだ良いのですが、そうでないのならば実際の査定相場よりもグッと低い金額を自分から言ってしまう可能性が出てくるので、このケースの場合は勿体ないです。

    査定金額の価格交渉を営業マンと行うつもりならば、前もってしっかり相場価格を把握しておく必要があるでしょうね。

    なるべく丁寧に乗車していても付いてしまう程度の軽い傷やへこみなどは、買取査定時にマイナスされない場合が大半ですし、さほど神経質に気にする必要はないでしょう。

    反対に、爪がかかるくらいのキズや大きなへこみがあるケース、また塗装がはげていたりしては減額になりますが、それを回避するために個人で直したとしても個人でまかなった費用以上に査定金額がアップされることはないので注意しましょう。

    車を一円でも安く手に入れて、なるべく高く売るのが車買い取り店舗の査定士の仕事と言えます。

    販売店のスタッフの話を鵜呑みにするのもどうかというところがあって、売買相場よりも買い叩かれることもあります。

    現時点での査定相場が前もってどのくらいの金額になるかを下調べしておいて、事前に知った相場金額よりも低く見積もられたら自分の方から駆け引きするつもりでいると営業マンのセールストークを鵜呑みにしなくても良くなります。

    実用品ですから仕方がないとはいえ、ボディの擦り傷やへこみ等も買取額の見積時にしっかり確認されます。

    見てすぐわかるようなキズは当然ながら減点ポイントになりますが、乗っていれば普通につく薄い傷程度なら特に減額対象としない場合が多いです。

    いざ査定となると今まで気にならなかったへこみや小傷までもが目についてくるものですが、仮に修繕に出しても修理代を上回るほどの査定額アップは極めて少数でしょう。

    修理費には業者価格と個人価格があり、個人では高くついてしまうからです。

    見積りの結果に納得してこれから契約書にサインして売買手続きを進めるとなると、複数の書類が必要になりますから、あらかじめ整理しておくと良いでしょう。

    また、軽自動車は認印で契約できますが、普通乗用車は実印と印鑑証明書が必須といった違いがありますから、注意してください。

    必要書類は車検の際にも必要なので一緒に保管している人も多いでしょうが、車検証、リサイクル券(預託済みの場合)、自賠責保険の保険証、直近の自動車税納税証明書が必要になります。

    契約書に押す印鑑は、普通乗用車であれば実印ですから印鑑登録証明書も必須ですが、軽自動車は三文判でも大丈夫です。

    ただ、シャチハタは使用できません。

    車内の掃除が行き届いていたり、業者が来る前に洗車を済ませて外観をきれいにしても、査定価格に及ぼす影響はないと考えて良いでしょう。

    持ち主が行う程度の清掃であれば、業者だってできてしまうわけですから、当然です。

    といっても、利点がないわけではありません。

    掃除の行き届いた状態で査定に出せば、大事に乗っていたのだろうと思われますし、車の値付けや取引をしているのは人間ですから、心がけが見積額に反映されるのは必然的かもしれません。

    自動車を売ろうとする際に、業者に売るのではなくて、対個人で売却する方法もありますね。

    売り手と買い手の間に業者が介入しない分、売却側と購入側双方が得するように売ったり買ったりできるのです。

    でも、契約に関する手続きなどは全部個人間で執り行いますから非常に手間がかかりますし、お金に関するいざこざが起きやすくなるのは否めません。

    お金に関しては、なるべく一括払いで払ってもらうようにするとトラブルを避けることが出来るようになりますね。

    インターネットで必要情報を入力すると即座に結果が分かる中古車一括査定サイトを活用すると、その車のおおよその査定金額が把握できます。

    「実査定」のときに自分で価格交渉をするならば予備知識としては大変有効です。

    反対に、本当のところは売却しないがちょっと相場だけでも知識として得たいという時に無料中古車一括査定サイトの活用はいささか面倒なことになります。

    無料一括査定サイトを利用すると、とたんに多くの営業電話がひっきりなしにかかってきます。

    本当に売却の予定がないときには、たくさんの電話攻撃は辛い思いをするだけです。

    車を売ろうとする場合には、買取業者に売ることと、ディーラーに下取りしてもらう方法、また自分でオークションに出品する方法もあるのです。

    オークション出品の際には、売ろうとする車の画像や説明文をできるだけ他人に分かりやすく書き込むことが後々トラブルが起こらないようにするためには重要なことです。

    それと、画像だけでなく契約が成立する前にじっさいの車を見てもらうことが望ましいです。

    その他に自分が重要と思ったことに関しては、念書形式できちんと紙にしたため、署名捺印をして双方で保管するようにすれば後々トラブルになる心配はなくなりますね。