トップページ

    このサイトではシビックの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「シビックの買取相場を検索して高く買い取りをしてくれる買取店に売却したい」と感じている場合は以下で紹介しているおすすめの車買取店を利用してみてください。

    ホンダのシビックを高く査定してもらうために必要なことは「複数の車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社の車買取店だけとかなじみのホンダディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら2分位で入力できるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比較することが可能なので、シビック(CIVIC)の買取金額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる車一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい有名なので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と断トツの多さ!最大50社へシビックの買取査定の依頼をすることができます。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    しかも、地方対応で利用料は無料です。

    「少しでも高くシビックを売りたいから買取相場をチェックしたいけど、電話で営業されるのは…」と思っているならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っているシビックの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える一括サービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、数年落ちのシビックでも高額買取してくれる買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から見積もりの営業電話があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社からのみ!電話対応に追われることもありませんし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    シビックの実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで最大2000社の買取業者が入札して買取価格を提示するという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サービスです。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が今乗っているシビックの買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した提携業者だけが登録していますので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのシビックでも高く売ることができます。

    最大10業者がホンダのシビックを査定してくれるので、最高額を提示してくれた会社にあなたが大切に乗ってきたシビックを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の査定相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大10社があなたが愛用したシビックを査定します。

    できるだけ多くの会社に査定依頼をすることで買取金額の違いや相性を比較することができるので、複数業者に査定のお願いをして長年大切に乗ってきたシビックを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートもありますので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるようにあの楽天が運営している車買取一括査定サービス。
    ホンダ・シビックの買取査定の依頼だけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントが付与されるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用してきたシビックを高く売却して、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいところ。
    提携企業は約100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大で10社の会社がホンダ・シビックの査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定で売却した場合の価格差がいくつか提示されていますので、一度チェックしてみてください。







    中古車売買における車の査定基準というものは、中古車の内装や外装の状態を調べたり、走行距離や事故歴、年式などをチェックします。

    これら査定基準のうち車の外装と内装については、査定してもらう前に充分に自分で清掃することで多少なりとも査定金額はアップするでしょう。

    事故歴の有無は嘘をついても査定士には直ぐに見抜かれますので、はじめから正直に答えましょう。

    これらベースとなる査定基準をチェックした上で、その車のオークションでの査定相場を考慮して、最終的な見積額を決定します。

    中古車買取専門店が査定時に確認することは、大きく分けるとどんな車種や色であるかの基本スペック、ナンバープレートなどを含めた外装のキズの状態や走行距離、内装のキズや汚れ、および臭いの有無、事故や故障の履歴の有無のチェック等があります。

    このような事項にあてはまる場合はマイナス査定になり、最新式のカーナビゲーションシステムやカーオーディオなどが付いていたら加算していくのです。

    以上の結果にその時点での査定相場価格を加味して、見積額が提示されるのです。

    自分の車を買取業者に査定に出して、提示された金額がどうも腑に落ちないときに、断っても良いのです。

    複数の買取業者に査定をお願いして比べてなるべく高値で取り引きしてくれるお店を選択して実際に売る方が良いといえるでしょう。

    しかし、取引契約を締結してからの車の売却キャンセルは難しいか、受け付けられても損害賠償がある場合が多いと思ってください。

    契約に関する詳細については取り交わす契約書に記載されていますから、きちんと契約書を読んでからサインすることが重要になってきますね。

    溝が減ってスリップサインが見えるほどになっても、わざわざ査定の前にタイヤを新しくする必要はありません。

    車本体は交換が効きませんがタイヤならすぐ替えられますし、中古車販売店の方で業界値段で仕入れたタイヤに交換してしまうことも極めて普通に行われているからです。

    タイヤの状態の悪さはたしかに減点対象ですが、買取額への影響はあっても極めて少ないです。

    手持ちのタイヤを自分で交換するなら構わないですが、実際にそれで査定額アップは期待できないですから、掃除するだけに留めるほうが無難です。

    売却先を決める前に複数の会社に査定してもらうことは、中古車を高く売るための基本です。

    しかし「多くの業者」と言っても具体的な数となると、市場動向や決算などさまざまな要因で変わってくるので何とも言えません。

    そもそも複数の会社に依頼する意味は、市場価値を把握して安く売却するのを避けるということと、競合を行わせ価格のつり上げを図ることです。

    本来の目的さえ満たすものなら、2、3社でも十数社でも構わないでしょう。

    個人が中古車の査定を業者に依頼する時は特に用意するものはありませんが、価格交渉を終えて実際に売買契約するとなれば、車検証や自賠責保険証、納税証明など複数の書類を整えなければいけません。

    普通乗用車であれば印鑑証明書が必須ですし、書類と現在の姓が違っている人はもとより、住所地の変更などがあった時は通常よりも提出書類が増えますから、先に担当者に確認しておくと良いでしょう。

    業者は決まらなくても、売ると決心した段階で必要な書類を集めておくと慌てなくて済みます。

    増えたとはいえ外車は国産車に比べると流通量が少ないですから、同じ状態の車でも業者によって買取額が全然違います。

    あとになって損をしたことに気づくといった例も少なくありません。

    この場合は輸入車を専門に扱う業者に相談すると、外車販売に関するノウハウの蓄積があるため結果的に高値で取引できる可能性が高いです。

    とは言うものの、輸入車専門店というのはスポーツカーが得意だったりドイツ車中心であったりと業者によって特色があります。

    中古車の売却のための一括査定サイトなどもありますから、そういった情報を参照しつつ、業者を絞り込んでいくことが肝心です。

    買取業者に車を売る際の手続きを具体的にあげると以下の通りです。

    売却の第一歩は査定です。

    まず査定サイトで車のデータを登録し、仮の査定額(現物査定前の金額)を算出してもらいます。

    そのあとで買取対象となる車を実際に業者が採点していき、最終的な買取額が算定されます。

    安いと思ったら断るか、もしくは交渉を経て満足な価格になったところで契約書を交わします。

    その後、対象となる車を業者が取りに来て、業者側で名義変更の手続きなどが行われたあと代金の振込があります。

    金額を確認して契約書と相違なければそれで完了です。

    自分で自動車を持っていると、たとえ使う頻度が少なかったとしても維持費は同じようにかかるのです。

    車検代は二年に一度、自動車税は毎年かかりますし、さらには自動車保険代金も必要ですね。

    更にいうならば、持ち家でなかったとしたら、別に駐車場代金も必要になってくるのです。

    自動車を売ってしまおうかと考えている人は、これらの維持費を払い続けても乗り続けていたいのか存分にあれこれ検討してみると、売るべきか乗り続けるかという結論を出しやすいでしょう。