トップページ

    このサイトではシビックの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「シビックの買取相場を検索して高く買い取りをしてくれる買取店に売却したい」と感じている場合は以下で紹介しているおすすめの車買取店を利用してみてください。

    ホンダのシビックを高く査定してもらうために必要なことは「複数の車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社の車買取店だけとかなじみのホンダディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら2分位で入力できるので隙間時間でできます。複数の車買取会社からの査定額を比較することが可能なので、シビック(CIVIC)の買取金額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる車一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい有名なので利用するのも安心です。
    提携業者も1000社以上と断トツの多さ!最大50社へシビックの買取査定の依頼をすることができます。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    しかも、地方対応で利用料は無料です。

    「少しでも高くシビックを売りたいから買取相場をチェックしたいけど、電話で営業されるのは…」と思っているならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っているシビックの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える一括サービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、数年落ちのシビックでも高額買取してくれる買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から見積もりの営業電話があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社からのみ!電話対応に追われることもありませんし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    シビックの実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで最大2000社の買取業者が入札して買取価格を提示するという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サービスです。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「自分が今乗っているシビックの買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した提携業者だけが登録していますので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのシビックでも高く売ることができます。

    最大10業者がホンダのシビックを査定してくれるので、最高額を提示してくれた会社にあなたが大切に乗ってきたシビックを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の査定相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大10社があなたが愛用したシビックを査定します。

    できるだけ多くの会社に査定依頼をすることで買取金額の違いや相性を比較することができるので、複数業者に査定のお願いをして長年大切に乗ってきたシビックを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートもありますので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるようにあの楽天が運営している車買取一括査定サービス。
    ホンダ・シビックの買取査定の依頼だけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントが付与されるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用してきたシビックを高く売却して、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいところ。
    提携企業は約100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大で10社の会社がホンダ・シビックの査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定で売却した場合の価格差がいくつか提示されていますので、一度チェックしてみてください。







    一般的に言って、事故車と呼ばれている「修理歴車」は、査定時に大きく減額されてしまう要因の一つになるのです。

    しかしながら、修理歴のある車が全部同じように修理歴車になるわけではないのです。

    車のいわゆる骨格に相当する部分にまで修理が及んでいなければ、ドアやボンネットなどを板金塗装してあったりしても通常の修理歴車扱いにはなりません。

    しかしながら、修理歴車という呼称はされなくても、以前板金などを行って修理したことがある車は査定の際にマイナスされる可能性が高いです。

    中古車の買取業者が見積もりの際にチェックする項目と言えば、大きく分けるとどんな車種や色であるかの基本スペック、走行距離数がどのくらいであるかや、外装にキズがあるかどうか、車の内部の傷や汚れ、臭いがあるかどうか、故障歴や事故歴があったかどうかなどのチェックをするのです。

    以上のような確認項目に該当したらその分マイナスしていって、最新式のカーナビゲーションシステムやカーオーディオなどが付いていたら加算していくのです。

    これらの査定結果に加えて現時点での相場価格を考慮して、最終的にその車の査定金額が決定されるのです。

    色々な中古売買のジャンルにおいて同じ事が言えると思いますが、査定額の相場は日ごと上下が激しいです。

    一例を挙げれば、オープンカーがありますが、これは夏によく売れるなど、一定の車種によっては相場が高値になる地域や季節柄がほとんど決定されてしまうこともあるわけです。

    反対に、どのような車を査定に出してもいえることは、初年度登録日からの日数が深くない方が高値で売却できることが多くなるのです。

    売り払うことを決めたら一日でも早く行動した方が断然高く引き取ってもらえることの方が多くなるでしょう。

    車を査定して欲しいからといって、お店に突然車を乗り付けていくのは得策ではありません。

    相場もわからなければ、よその店の査定額も知らない状態ですから、もし損をしていたとしても気づかずに売ってしまうことだってあるでしょう。

    ただ、ひとつだけ有難いのは、訪問査定を受けるよりも短い時間で売却できるという点に尽きます。

    査定と買取を行う店まで現物を搬入するところまでが済んでいるわけですし、実印(普通乗用車の場合)や必要書類が整っていれば、その日だけで売却手続きが終了する場合もあります。

    車の買取業者から代金が振り込まれるのは、契約書に署名捺印してからだいたい一週間後となります。

    実車の査定に訪れた日に契約の意思を伝えていても、実印がなかったり必要書類が不足していれば契約は不可能です。

    印鑑証明などは役所に行かなければ取れませんし、早く入金してほしければ、業者による査定の前に、必要書類を集めておくと良いでしょう。

    軽自動車と普通自動車では提出書類が異なるので気をつけましょう。

    買取業者による実車査定は、雨の日や夜にしてもらう方が良い査定が得られると一般に言われています。

    暗くて反射光も少なく車体が見にくいため、減点を受けにくく、結果として高額になりえるという理屈です。

    現実的な目で見れば、そこまで細かく考えず、来てくれるならいつでもという構えで短期間に一社でも多く見積りに来てくれたほうが良いに決まっています。

    ひとつの契約のために複数の業者に張り合えば、おのずと査定額も上がってくるというものです。

    オンラインで必要事項を入力して利用する無料の中古車一括査定サイトは、車を売却する際には大変有用な手段のひとつです。

    一括査定に申し込むとすぐさま売却を勧める電話がひっきりなしにかかってきますが、特に必要としないところへはもうすでに売却済みだと嘘を付くことで電話をやめさせることが出来るでしょう。

    売却しようとしている愛車を高く査定してくれた何社かを選んで、じっさいの見積もりをしてもらうようにして下さい。

    ちょっとでも高く売りたいからと言っても、相場と比べて異常に高い査定額を示してきたところは何か裏があるかも知れませんので気を付けた方が良いでしょう。

    誰もが名前を知っている外国製の車でも、国産車の販売台数には到底及びませんので、査定を受けても買取店によって額は相当開きが出ます。

    買い叩きに近いような状態になってしまうこともあるようです。

    査定を依頼するなら輸入車専門の業者にした方が、外車に乗る客層のニーズを理解しているので不当な安値をつけられる心配というのがありません。

    けれども輸入車であれば何でもいいわけではなく、実際には店舗によって得意分野が大きく違うことが多いです。

    中古車の売却のための一括査定サイトなどもありますから、そういった情報を参照しつつ、売却対象車とのマッチングが良い業者を探すことから始めてみてはいかがでしょう。

    自動車を持っている人全員が加入することになっている「自賠責保険」は、一定の条件を満たせば車を手放す際にお金が戻ってくることがあります。

    一定の条件というのは、自賠責保険の残りが一ヶ月以上で車を廃車にするときです。

    車を売却するときは還付の対象にはなりません。

    さらに、還付金がある場合でも自動で口座に振り込まれたりするわけではないのです。

    自らが保険会社に対して書類の手続きをしなければ還付されるものではありません。